第4回和ハーブ講座

大暑 次項
   土潤いて溽し暑し  つちうるおいてむしあつし
    熱気がまとわりつく蒸し暑い頃
     (新暦ではおよそ7月28日~8月2日ごろ)


街中ではアスファルトが多くなりましたので この時期歩いていると
一足踏むごとに立ちあがるあのムワ~~と生温かくむせかえるような熱気がとても苦手です、
そんな時打ち水をされている所を通るとかすかなちがいを感じ
なんだかありがたく、うれしく気持ち涼やかになります。


               

      




早いもので第4回目の和ハーブ講座です
なんばパークスのお花のワゴンは ハイビスカス
夏ですね

なんばパークス7月

今日は
オオバコとウツボグサそしてイブキジャコウ
回を重ねるごとにおもうのですが
和ハーブの素晴らしさ
東西を問わずハーブは仲良く繋がっているのだなぁ・・と。


いつも道端でめぐる時を待ちずっと昔から生活の傍にある和ハーブを知ることで
心ときめく発見があります。
名前のついた草さんたちと 生活するたのしみ
広がってほしいものです。

今日はたのしいお風呂の友
バスソルトを作りました、
和ハーブを入れて・・・

i_20140729055100869.jpg


沖縄のハイビスカスで情熱的な色付けしたものなど・・・

iroiro_2014072911355975d.jpg

皆さま 
お好きな和ハーブをチョキチョキ・・
これははずせないわ~
う~ん いい香り~~と

o_2014072906021540e.jpg a_20140729055059c01.jpg


p_20140729060646450.jpg s.jpg



そして第2回の和ハーブティ作りの時に仕込んでおいたチンキを
どのように使っていきましょうか・・・と
お話し。

チンキに浸けてあった素材を 腕に貼ってくださったYさま  
よかった!

色々活用してくださいね。

今回はユキノシタ、ドクダミ、ヘビイチゴのチンキ

チンキ

ささやかティタイム 
シソゼリー (中に宝石に見立てたつもりのブルーベリー入り寒天キューブ入り
和ハーブティは桂皮、桑、カキドオシ・・・
少しだけ入れた甘茶の甘さが二煎めででてきました
わぁ!って言っていただいて ありがとうございます

b_20140729063319025.jpg





Fさまが買っていらした素敵なグリーンも登場で
すてきな写真になりました。

できました!


ありがとうございます。



今週末になりましたが
なんばパークスで 夏の一日和ハーブ講座があります。
一日講座
もう少し残席ございます




↓ ポチッとクリック↓お願いします。励みにします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ
にほんブログ村








和ハーブ講座第3回『香りあそび』

夏至 初候

   乃東枯る(なつかれくさかるる)
      うつぼぐさの花穂が枯れるころ
     (新暦ではおよそ 6月21日~25日)
   

 夏至に入り 暦の上では夏の真ん中ですので陽の力がじりじりと増す日もあり、でも 梅雨ですのでなんとなくじめじめと過ごしにくい季節です
そんな日は外の草木を見ていると 緑の葉っぱたちは生き生きと喜んでうたっているようにみえるので雨音にも心はずみます
 ウツボグサ(靭草)はラベンダーに似た小さな紫色の花をつけます、 もうこの時期に枯れてしまうのですね、信州で靭草が生えている所も私の秘密の花園(笑)にあるのですが 行く時はいつも枯れた花穂をつけています、
 乃東は夏枯草(かこそう)のことだそうです、花穂を干して利尿薬に・・少し地味なお花ですが私は好きです。
 いつか靭草が愉しそうに咲いている頃 訪れてみたいものです。






             



         第3回和ハーブのある暮らし~なんばパークス産経学園

みなさまがいらっしゃるのを
練香の香と・・・お待ちしました

部屋に入っていらっしゃると
ふわ~~やさしい香り~~とかおっしゃってくださる
よかった

お待ちします


今回は夏に活躍する 和ハーブ、紫蘇、山椒、ドクダミをとりあげました。


そして
テーマの『香りあそび』はビュ~ンといにしえの時代に。
和のにおい袋と 練香づくり。



薫りますぅ


匂い袋

白檀、桂皮、大茴香、竜脳、・・・・
など使い まず基本の香りを調合していただき、
あとはお好みで数種類。

調合


これらは におい袋、便箋や栞に香りを移していただく、
お気に入りのものに香りを移していただく・・・・
着物やお人形の防虫にクロゼットにも・・

そしてもうすぐ五節句の七夕さまですので
五色の短冊にお好みの香りを移して何か書いていただくよう提案させていただきました。


短冊、匂い袋



練香
奈良時代に鑑真和上により伝えられた合香(調合法)、
平安時代の薫りと言われ 練香の香りを披露しあう『薫物合わせ』としてたのしむようになったそうです。

お香やお線香のように直接火を付けるのでなく
間接的に温まりやわらかい香りを聞けるのがとても魅力的ですので、
ご自分で調合していただきます

こんなふうに
練香は炭粉を使いますのでどうかしら? 
(手が真っ黒に~)と案じましたが


kurikuri.jpg

コロコロ クリクリ作っていただきました。



練香

そして身近なハーブでもスパイスでも できます!とお伝えして・・・
カミツレ(カモミール)、月桃、ラベンダーの花穂(昭和に入ってきたものですがこの香りはずせないものありますので)をミルで挽いてお持ちしました。
これは時間の関係でお家でゆっくり作っていただきますように。

香木など和の香りも やわらかく素敵ですのでジメジメした梅雨のこの時期
香り遊びをたのしんでくださいね。

六種薫物(むくさのたきもの)など いわゆるレシピが残されているので
現代でも平安の香りを再現できるのですね 素晴らしいことだと思います。

わたしたちは まるでおままごとをするように 作りましたが
日常のどこかで こんなふうに
いにしえの香をご自分流にアレンジして 生活に取り入れていただけるヒントを提案できたらいいなぁとおもいます。

haibisukasu.jpg

ありがとうございます

参加してくださった皆様ありがとうございます






8月2日ハーブの日だとご存じでしたか?
その日に KuLaSu season なんばパークス産経学園にて
特別一日講座をさせていただくことになりました


8月2日特別一日講座



詳しくはこちらを↓

和ハーブのある暮らし『月桃と和ハーブボール』

よろしくおねがいいたします




ありがとうございます。


↓ ポチッとクリック↓お願いします。励みにします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ
にほんブログ村


和ハーブ講座 2回目

芒種 初候
  蟷螂生ず(かまきりしょうず)
   新暦ではおよそ6月5日~9日)

芒種ぼうしゅ
  イネ科植物の穂先の細い毛の部分を芒(のぎ)といいます。
芒種とはそのような芒のある穀物の種をまく時期の目安だそうで、日本では育てた苗代を田に植える、田の神様をおまつりする意味も強く今でも おそろいの衣装の早乙女が田植えをする行事が残っている所もあるようです。

昨年、京都美山で 手植え風景に出合いました。
機械でされる所が多い中、腰をまげ中腰での重労働
田植え
昔、おばあちゃんがお米は最後の一粒まで大切にいただきなさいと
話してくれたなぁ

稲の語源は『命の根』という説もあるそうです。




             



なんばパークス
ワゴンには沢山のラベンダーが 
小雨の中 傍を通ると 甘い香りが優しく包んでくれました

なんばパークス

2回目の和ハーブ講座は

 
ゲンノショウコ、
赤花
白花
ユキノシタ
ユキノシタ

タンポポ
たんぽぽ



そして
お茶です。

10数種類の和ハーブをお持ちしました。
珍しいものでは
高知のキシマメ(マメ科一年草のカワラケツメイ属) 
利尿、便秘改善・・・・・・・
黄色の花のあとマメになった全草をつかいます。
このお茶はとても美味しく単品でいただくと黄色の色が綺麗なお茶です。
ブレンドもしやすいですね。


ブレンドすると飲みやすくなる和ハーブなどお話しして
効能など考慮しながら 
お好みのブレンドで2種類の
和ハーブブレンドティを考えていただきました。

いろいろI様のブレンド


焙じていただく
焙じる



できましたでしょうか


終わったころには
お茶の香りがお部屋に~
まさしく和のアロマ効果




お釈迦様にご縁のある 甘茶は山アジサイの仲間です
お釈迦様の誕生日をお祝いをする4月8日の(場所によっては旧暦で祝い)
花まつりの日に お釈迦様の像に甘茶を注いでお祝したり
振舞われるお茶です。

アマチャ

この葉から出来ます。
甘茶を作るときには、花を咲かせずに早いうちに花は摘み取ってしまうほうがよいそうです。
9月に入り摘んだ葉っぱを洗って、2日程、天日干しし
乾燥させた葉っぱに、水をスプレーでかけて、
1日程度発酵させます。そして、葉っぱをよく手で揉んで、
乾燥させて・・・・・・・・
できあがります。


甘茶を試飲していただき 皆さまその甘さにビックリ!
飲むだけでなく お料理にも使える素晴らしい甘味料です
砂糖の1000倍ともいわれる甘さがあります
ので 普段使い出来るようになると 良いですね

デザートの黒豆プリンに甘茶を使いお持ちしました。

フレッシュ和ハーブティ
焙じた和ハーブティ
先日 摘んできてくださった茶葉で作った半発酵のお茶・・・
沢山試飲していただきました。

ご自分で 作ることもたのしんでいただけたら 
素敵ですね


和ハーブ好きのみなさま、とてもなごやかなクラス

またまたアッと言う間に2時間が過ぎてゆきました。

ありがとうございました。


  

↓ ポチッとクリック↓お願いします。励みにします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ
にほんブログ村

4月度 和ハーブ講座~大阪~

穀雨  末候
   牡丹華さく ぼたんはなさく
    牡丹が咲きだす頃
     (新暦ではおよそ、4月30日~5月4日ごろ)

お茶摘みもはじまる時期ですね 立春から数えて八十八日目の5月2日ごろ 八十八夜、この日に摘んだ茶葉は長寿の薬といわれたそうです。
また「八十八夜の忘れ霜」といい、寒のもどりもある頃、夜冷えることがあります庭の植木にもきをつけたいですね。


               

KuLaSu season なんばパークス産経学園で 
和ハーブ講座『和ハーブのある暮らし』がはじまりました。

4月の講座のテーマは
「ヨモギ・カキドオシ・スギナ」

焼きます
今回の講座のお茶受けに・・・と

日本ハッカとイブキジャコウが育ちはじめていますので お粉に混ぜて、そしてもう1種類、今回のテーマのヨモギを摘んで入れ

ハーブボール
ハーブボールつくりました


二色のハーブボール作りました。





準備

これらのものを使って和ハーブをお伝えしていきます

和ハーブについて少しの説明と、
暦の仕組みを少し説明させていただいて

今回のテーマの『ヨモギ、 カキドオシ、 スギナ』の
フレッシュな和ハーブをみていただきました


効能や和ハーブをいかし手作りできるものをお伝えしていきたいと考えていますので
今回はスギナ塩を作りました。
スギナの香りがほんのり漂い・・
色々な和ハーブで手軽に作っていただける、簡単でとても身近な和ハーブ調味料です。

日本だけでなくヨーロッパでの昔からの活用法なども交え
効能などお話ししました。


fresh.jpg


お塩の準備



スギナ スギナ塩の出来上がり

天ぷらに



いつも私が庭仕事をするときに使っている虫よけボールです
↓  ↓  ↓

ヨモギで



桜のチンキを使ってオーソドックスなローションを作っていただきました。


桜のチンキ

手浴には伊吹山の和ハーブで、フレッシュヨモギも加えて
手浴の準備


予定していたよりも時間が押してゆっくり手浴していただけなかったこと
お茶もフレッシュのもの、干したもの、焙じたものなど試していただく予定でしたのに・・
時間配分をうまく調整できなかったこと。もっとも反省するところです

とても身近に在りながら 私たちの先人が生活に活用していた和ハーブに
スポットをあて、生活に取り入れることで
優しく、また 豊かな時間をすごすことができるようなきがします。






小さなお土産


pokapoka.jpg

ヨモギの葉っぱを乾燥して詰め込みました。






4月28日


体験でご参加くださった皆さま
入会してくださった皆さまありがとうございました。

5月は和ハーブティ作りです。

よろしくお願い致します。

なんばパークス産経学園 ☆ 和ハーブのある暮らし




ありがとうございます。



↓ ポチッとクリック↓お願いします。励みにします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ オーガニックライフへ
にほんブログ村

大阪での和ハーブ講座の第一回目が無事終了いたしました

本日、大阪での和ハーブ講座の第一回目が無事終了いたしました。

受講してくださった皆様、
KuLaSu seasonなんばパークス産経学園の関係者の皆様、
そして色々と応援してくださった皆様!!
本当にありがとうございました。

何度も何度も一人で予行練習をしていましたが
本当に緊張して緊張して頭の中が真っ白に・・・

本日開催した和ハーブ講座のことは頭が落ち着いてから反省も兼ねて
ブログに綴りたいと考えております。

今日はただただ感謝の気持ちをお伝えしたく・・・

本当にありがとうございました。
ひよっ子講師ですが今後も頑張りますので宜しくお願いいたします。

本当にありがとうございました。
プロフィール

purity0131アッコ

Author:purity0131アッコ
Le temps tranquille~静かな時間~へようこそ。

還暦前から始めたブログ。
還暦から5年が経ちました


昔からハーブが大好きでした。
自宅の小さな庭でハーブや草花を育ていました。

「静かな時間」
~Le temps tranquille~

これは還暦すぎに始めた小さな教室・アトリエの屋号でした、
今は使っていませんが大好きな言葉ですのでこのまま使っていきたいです。

オバサンの日々のハーブな生活を綴っていけたらと思います。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR